敬語が上手に使える女の子がナンバーワンになれる

人気の風俗嬢は意外と敬語がきちんと使えます。お客さんに使うことでいい印象を与えることができ、次につなげられます。お店の中のスタッフさんにも敬語を使うことで指名もとりやすくなります。風俗のお店で働き続けるためには敬語が使えるようになりましょう。

★ 敬語が使えた方がお客さんにウケがいい

慣れた感じのタメ口の方が親近感があって嬉しいというお客さんも確かにいます。けれども初対面でいきなりタメ口を使われるのは、いくら風俗店であってもいい印象を抱かないという人は実はとても多いということを覚えておきましょう。

一番理想的なのは敬語を使っているのだけれど堅苦しくない言葉遣いです。お客さんは「フレンドリーな感じで恋人感覚にもなれるけれど、丁寧に扱ってもらえた」という気持ちになれます。

★ お店の中でも敬語を使う

人気の風俗嬢が敬語を使うのは接客中だけではありません。お店の中でのやり取りでも丁寧な言葉遣いを心がけています。ボーイさんとのやり取りでも敬語を使うので印象が非常によくなります。

ボーイさんに気に入ってもらえれば、フリーのお客さんを新しくつけてもらえます。

★ ギャップ萌えも狙える

敬語がきちんと使えると「清楚で上品」なイメージをお客さんに与えることができます。その上で風俗の接客をしてあげると、「こんなに清楚で上品な子がこんなエッチなことをしてくれる」と感動してもらえます。敬語がきちんと使えるということはギャップ萌えを狙えるということです。

お客さんの中には卑猥な言葉を言ってほしいと思っている人もいます。けれども普段からタメ口の女の子がそのような言葉を発するよりも、敬語がきちんとできる女の子に言ってもらえた方が喜ばれます。

風俗のお店で働くのであれば、敬語は使えた方がいいでしょう。お客さんからもスタッフさんからもいい印象を持ってもらえます。

関連する記事